韓国語の勉強を始めよう

posted in: TRAVEL | 0

一度は経験してる韓国語生活

海外滞在中はやっぱり韓国の子がすごい多くて、特にシドニーにいた頃は一緒に生活もしていたし、まさに寝食をともにした仲だった。一緒に住んでいる家の中では彼らはほぼ100%韓国語だし、もちろん僕とは英語でコミュニケーションとるけど耳にする機会は日本にいると味わうコトができないようなものだった。実際現地で出会った日本人の友達の中には韓国語を勉強しにシドニーに来たっていう目的の人がいたので、それもびっくりだ。

純粋な恋心

そんな2009年のシドニー時代から10年が過ぎた今になって、なんでまた韓国語の勉強を始めたかというと、純度100%でK-Popの影響です。というかTwiceの影響ですね。ここで彼女たちの説明をするのはつまらないので割愛しますけど、その中のメンバーのチェヨンが本当に自分の好みなんですね。まぁそれはいいんだけど、他にも理由はたくさんあって、韓国語は簡単だと多くの人からの声や、旅行に気軽に行ける距離だし知ってて損はないってこともあります。でも全部言い訳で、ただチェヨンが好きなだけ

オススメ動画、留学生じん

それで最近やっと、ノートを作ってハングルの勉強から始めました。今では語学勉強といってもいろんな媒体があるので悩みましたが、語学は耳と口と手を使うことは絶対なのでYoutubeで学ぶことにして、中でもネット上で評価の高かった『留学生じん』って方の動画見てます。まだ始まったばかりなのでパッチムまでも進んでないですが、なんとなく良さそうです。どの言語でもそうですけど、間違って覚えている言葉や、間違った勉強法を早い段階で訂正してくれるのはありがたいことです。チマチョゴリは韓国では言わないなんて、知らなかったですからね。

初期段階で通るつまらなさ

いざハングルの勉強始めたらわかるんですけど、簡単なはずがない。むしろラテン語から派生した言語、フランス語、イタリア語、スペイン語、そしてかなり強い影響を受けた英語。アルファベットを使う言語の方が圧倒的に簡単なんじゃないかと感じてしまうほどにハングルを覚えるのはしんどいです。まず大きな要員としては1. ハングルを覚えただけでは何もできないからやる気が出ない。2.でも逆にハングルも出来ないと何も出来ない。3.なんでも最初は辛いほどに面白くない。今は完全にこの段階なので無理せず2日に1回ほどで母音と子音をマスターするのに1週間、来週いっぱい自分に与えようかなと思っております。

語学は書いて覚えよ

留学生じんさんも言うてるんですけど、絶対書くのが一番良いと思う。僕は英語はまず話すことから重点的に挑戦しました。それには明確な理由があって英語を音で覚えようと思っていたからですね。発音が最も大きな壁になると確信していたので、書くよりも読むよりも話すを優先しました。でも韓国語は絶対ハングルを見て、読んで、書くことからやりましょうって言うてる。俺もそれは賛成だね。と言うことでここで個人ブログではあるけど大きく宣言してしまったので、来週いっぱいで母音子音マスターいたしやす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください