手当たり次第でもいいと思う挑戦は

posted in: PERSONAL | 0

Baseというスタートダッシュ

最近ようやくBaseを使い出したけど、あんなに使いやすいショッピングサイトがあるなんて少しショックやった。時間をかけて独学でwordpressからwoocommerceをつけてショッピングサイトを作ったけど、baseやったらものの数分で一つのオンラインストアができてしまう。しかもデザインも選ぶことができるので、100%ではないにしても、自分好みの見た目には近づける。こんな簡単なら、まずはやってみる!そんな想いが本当に大切なんやろうなと思う。失敗しても成功しても、それはただの結果。何事もスタートを切らないとどっちに転ぶかなんてわからないんやし、やってみること。それが今回のbaseを通して良くわかった。

 

一歩目をとっとと踏み出すこと

やると決めるだけ。それが難しいことなのかもしれない。オンラインストアを出すって決めたら方法はたくさんある自分で一から作ることも可能だし、プラグラミングを学ぶというのも一つの方法やろう。shopifyやstoresなども可能やし、調べればきりがないほどにありふれている。どれも失敗じゃないけど、多くの人がそこで深く悩み考える。僕もそうやった僕が悩んでいたのは、かれこれ1年以上前。そして紆余曲折を経て、一番お手軽なbaseを利用している。悩んでいた時間が無駄だったとは思わないが、もっと早くにスタートを切ることは可能やったやろうと思う。1年前の僕はやってみると決めていたのではなく、やってみようとしてる自分を楽しんでいただけ。だから無駄に長く迷うし、決めきれてないからどんなスタートもきれない。

100%の確証なんてない

SNSは全てそうですよね。ちゃんとやるって決めないとなかなか本気にはなれない。自己満で完結してもいいものだからねSNS自体がね。でも絶対SNSでフォロワー増やすとか、ファンを作る、ブランディングするってなんでもいいから絶対やるって決めちゃえば、なんとなくやるべきことが見えてきて、その為なら結果が失敗しようが上手くいこうが、まぁいいかってなるんですよね。多くのパターンを試すってのはやっぱり近道やと思う。それしたから、こうなりましたってのは全て机上の空論。科学ってのは全てが100%実証済みではないんですよね。全てが『今考えられる高確率のもの』ってだけ。生き方も似てるものがあると思う。いろんなことにチャレンジして、その中で最も今の自分が好きなものを選ぶだ毛なんですよね。そのためには興味のアンテナを貼り続けて、時間の限り挑戦をしていくってのは楽しい。

 

最近僕はそんなことに気づきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください