Eco-Benefit
エコ-ベネフィットとは?

これらは、地球や人々、私たちの生活にとってより良い製品を作るために

どの方法が使われたかを消費者に知らせるものです。

 

人にやさしい (Human Friendly) - サプライチェーンに関わる人々の福利に関係しています。

これは、労働者の権利とエンパワメント(権限を持つこと)、

文化や伝統技術の保全から、児童労働が行われていないことにまで及びます。

地球に優しい (Earth Friendly) - 海洋や森林などの生物学的システムが無期限に多様的、

かつ生産的であることを保証するために使用されるすべての方法を指します。

このカテゴリーは動物の健康を考慮に入れた製品も含まれています。

ギブンバック (Given Back) - これは、企業がミッションの中核部分を他の人に還元することです。

返すことは、木を植えること、従業員と利益を共有すること、

慈善団体や保護団体に寄付することなどを意味します。

Terms and Definitions

・環境にやさしい(Eco-friendly) - 環境に害を及ぼさないと考えられるものです。

・生物分解性(Biodegradable) - 微生物によって急速に分解される物質。例としては、綿、羊毛、紙および植物油が挙げられます。

再生可能(Renewable) - 補充(補完)する素材。例えば、コルクは木の樹皮のみから来ており、収穫後に再び生育することができ、再生可能な素材となります。

・リサイクル(Recycled) - 非生分解性材料を再利用して埋立地から排除します。例としては、ファブリックスクラップ、メイソンジャー、新聞などがあります。

・アップサイクリング(Upcycled) - 以前よりも高い価値のものに再生する非生分解性材料。

例えば、古いタイヤは高級ハンドバッグに作り直されることもあります。

・フットプリントの削減(Reduced footprint) - カーボン排出量や水使用量を大幅に削減した製造の結果である製品。削減されたフットプリント製品は流通の産物でもあり、遠くまで移動する必要がないため、製品のCO2排出量を抑えることができます。

・ゼロ廃棄物(Zero Waste) - 最小限から無駄なく生産される製品または材料。これには、製品の開発とプロセスを管理しています。

・天然材料(Natural Materials) - 植物、動物、鉱物、金属、またはその他の自然由来の材料から製造されます。例としては、綿、羊毛、リネン、麻、竹、コルク、金属、石、粘土などが挙げられます。

・オーガニック(Organic) - 少なくとも70%の有機材料で作られており、正式にオーガニック認定を受けていても、いなくてもよい。一般に、有機製品は、有害な農薬や肥料を使用せずに栽培され、抗生物質やホルモンが含まれていない製品です。

・フェアトレード(Fair Trade) - 途上国の生産者がより良い取引条件を達成し、持続可能な農業を促進するのに役立ちます。

・非毒性製品(Non-Toxic) - その製品で一般的に使用される可能性のある有害な化学物質および/または成分を含まない製品です。例えば、無毒性のマニキュアはホルムアルデヒドを含まなくてもよいです。

・アーティザンメイド(Artisan Made) - 熟練した職人が手作業で作ったり作成したりします。これは、天然資源の集中力が低く、ファストファッションとは反対の理由で持続可能です。

・クルエルティフリー(Cruelty Free) - 動物を害したり殺したりしない製品や活動。動物テストされた製品は、クルエルティーフリーとはみなされません。

・コンフリクトフリー(Conflict Free) - ダイヤモンドと貴石と金属の倫理的な調達に適合しています。

・ビーガン(Vegan) - 革製品から絹と羽毛までの動物製品を使わずに作られた衣服。

・文化的保全(Cultural Preservation) - ユニークなスキルセットの保全を通じて、文化とそのコミュニティを支援します。

・利益分配(Profit Sharing) - すべての消費者購入を必要とするコミュニティに寄付を行う、その製品のビジネスモデル。